遺品整理を業者に依頼しよう~リーズナブルな利用術~

暖炉のある部屋

専門的業者の依頼

サービスを利用するためにかかる費用

箱を持つ

亡くなった人が使っていた遺品の整理を専門に行ってくれる業者が存在しています。その名もズバリ遺品整理業者という名前で呼ばれているのですが、ここ10年程の間で遺品整理業者の数が急激に増えてきています。サービスの提供を開始するにあたり、特別な許可や資格などが一切要求されないという特徴があるため、脱サラした人や定年退職した人が、遺品整理サービスを始めるようになるケースが少なくありません。ただし、スムーズに業務を進めるためには、産業廃棄物処理運搬業などの許可を受けている方がよいので、実際にサービスを利用する場合は、そのような許可を受けている業者かどうかを確認するようにした方がよいです。遺品整理サービスを利用した場合にかかる費用は、一部屋につき5万円前後が相場になっています。とはいえ、片付ける荷物の量や室内の状況などによってかかる費用が変わってきますので、正確な料金を知りたいのであれば、現地見積もりを取る必要があります。

遺品整理業者が提供するサービスの特徴

俗に便利屋という名前で呼ばれている業者や不用品回収業者が、客からの依頼に応じて遺品の整理作業を請け負うケースがよくあります。遺品整理の専門業者を利用する場合よりも料金が安くあがるという理由で利用する人が多いですが、悔いが残らない形で遺品整理を行いたいと希望しているのであれば、遺品整理の専門業者を利用した方がよいです。便利屋や不用品回収業者を利用した場合は、はっきり言って、普通の不用品処分と全く同じ取り扱い方をされてしまう可能性が高いです。でも、遺品整理業者は、亡くなった人に対する畏敬の念を持って荷物の片付けを行ってくれますので、遺品を乱暴に取り扱われて悲しい思いをしてしまう心配がなくなります。便利屋や不用品回収業者を利用する場合に比べると幾分高めの費用がかかってしまうのは事実ですが、遺品を丁寧に取り扱ってもらえるため、深い満足感を覚える客がほとんどです。